にきびケア!背中にきびや皮膚科での治療は?気になるお肌のお手入れ

生活

ニキビって気になりますよね。今回はお手入れしづらい背中にきびの問題てんやケアのポイント、皮膚科で行われるニキビ治療などについて調べてみました。

スポンサーリンク

背中のにきびケア

お手入れしづらい背中ニキビですが、背中ににきびケアは何をすれば効果があるものでしょうか。

背中のにきびは、インナーがきつすぎる場合や、皮脂汚れや汗が皮膚に残っている時にできます。

汗を素早く除去することが、背中のにきびケアでは大事なポイントになります。

汗と皮脂汚れをそのままにしないように、肌着などを新しいものに替えてお肌を清潔に保つように心がけましょう。

背中じゅうににきびができてしまっている時は、湿気を閉じ込めるような服はやめたほうがいいようです。

皮脂の分泌量が多い人は、背中の中央部分に沿ってにきびができることがありますが、そういう方は、風呂に入って、体をよく洗うことが対策になります。

今使っている石けんが肌に悪いこともあるので、添加物の刺激に肌が負けている場合もあるため、石けんを選び直してみるのも対策のひとつですね。

下着が皮膚を締め付けたり、触っていることで、にきびができる方もいるのではないでしょうか。

下着が小さすぎて肌に負荷がかかっていたり、化学繊維の性質が肌を傷めていることもあります。

サイズ違いの下着を着ていると、下着と皮膚の間に摩擦が生じることがあるためです。

にきびをきちんとケアするために、下着のサイズを確認してみてください。

そして、化学繊維を使っていない、汗を吸収しやすい綿の肌着をつけることが重要になってきます。

お風呂では、シャンプーなどの洗い残しに要注意です。

体を洗う時にはゴシゴシこすらず、肌触りのいいタオルで軽くなでるようにして汚れを落とした方がいようです。

自宅でできるにきびケアには限度がありますので、症状がよくならない場合は、放置しず皮膚科に見てもらった方がいいですね。

スポンサーリンク

皮膚科で行われるにきびの治療法

最近ては、ドラッグストアにはにきびには効果かがあるというクリーム等が売り出されていますので、自分でにきび治療ができる場合も多いですね。

薬を使用してもにきびの症状が改善されない場合には、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

にきびの症状は人によって色々で、深刻な症状であれば、病院に行く必要があります。原因は、毛穴に皮脂汚れや、角質層が詰まってしまうことです。

にきびは思春期の代名詞のようなものですが、子供から大人まで幅広い年齢層において発症しやすい症状でもあります。

皮膚科で行われるにきび治療でスタンダードなものは、抗生物質を処方してもらうというものです。

この他には、にきびの治療をするためには、ビタミン剤の摂取や、ホルモン療法を行うことがあります。

にきびのある肌に対して、薬を塗布したり、直接刺激するという方法は、基本的にはよくないようです。

ですが、広範囲へにきびができていたり、にきびの症状が慢性化して繰り返しにきびが生じている場合に関しては状況が異なります。

にきびができる皮膚の状態を変えるために、ケミカルピーリングを施しているような皮膚科もあります。

にきびの炎症に悪化が見られる際には、患部へ直接ステロイド剤もしくは抗生物質を注射する治療が行われる場合もあるようです。

自宅でのケアでにきびが改善しないという時には、皮膚科を利用するのは効果的いい方法だと思います。

栄養の偏った食事や、睡眠不足、ストレスなどがにきびの要因になっていることも多いので、にきび治療後にも、健康的な食事や生活を心がけましょう。

★気になる毛穴ケア!肌のお手入れあれこれ
★ダイエットに成功する方法はあるのか?ダイエットのあれこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました