健康食品とサプリメント、気を付けたいポイントとは?

生活
スポンサーリンク

健康食品とサプリメント

健康や美容のために健康食品によって補給するような栄養成分には、ビタミンCやビタミンEがあります。ビタミンCは、肌を白く美しく保つ栄養成分だといいます。ビタミンEは抗酸化作用があり、体を酸化から守ってくれる栄養成分として、多くの人が利用しています。ビタミンB2やビタミンB12、ビタミンA、ビタミンDは、目の状態を良くするビタミンだとされています。健康食品を購入する時は、材料の表示をよく読み、天然成分で作られた健康食品か、合成成分で作られた健康食品か、しっかり判別してから選びましょう。天然の原材料から作られた健康食品であれば、合成成分から作られた健康食品より速やかに体内に吸収されていくといいます。水溶性ビタミンはまとめて摂取しても体外に排出されてしまうので、少しずつ摂取する習慣を持つようにしてください。まとめて摂取しても体外に排出されない脂溶性ビタミンは、飲み過ぎに要注意です。水溶性ビタミンといえば、ビタミンCがよく知られていますが、ビタミンB1、B2、B6も水溶性に含まれます。ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD2、ビタミンD5、ビタミンKは脂溶性ビタミンとされていますので、摂取量に要注意です。ある種のビタミンは、別のビタミンや別の物質と一緒に飲むことでその作用をアップすることができることがあります。栄養素について基礎的な知識を仕入れた上で、健康食品を賢く使えるように工夫してみてください。

スポンサーリンク

サプリメントの飲み方で気を付けたいポイント

健康や美容のためには栄養バランスの整った食事を摂ることが大事ですが、食事の内容か偏っている時は、サプリメントで足りない分を補います。大抵のサプリメントは、パッケージに1日の摂取量や、使用時の注意事項について、わかりやすくまとめられています。薬に関しても同様ですが、サプリメントは一度に大量に飲んだからといつて効果がアップするわけではなく、適量の摂取が大前提です。効果アップが見込めないだけでなく、サプリメントの摂りすぎで体調に支障を来すこともあります。錠剤やカプセル型のサプリメントを飲む時には水で飲み下す方法が一般的ですが、水以外のものは使わないようにしましょう。お茶やコーヒーを飲むついでにサプリメントを飲むような人もいますが、カテキンやカフェインと同時に摂取するのはおすすめできません。サプリメントを飲む時にカフェインやカテキンを同時に取り入れると、そのせいで腸からの吸収効率が下がることがあります。コーヒーやお茶に溶かして飲めるサプリメントもあるので、ものによってはお茶などで飲むことができます。サプリメントを使う時には、1日の中でいつがいいか、決めかねることもあります。食品だけでは不足している栄養を補うことがサプリメント本来の目的ですので、飲んですぐに体に変化が現れることはありません。健康食品は、薬のようにすぐ効くものではありませんので、根気よく飲み続けることが大事だと言えます。サプリメントで栄養を継続的にとり続けることで、体調が少しずつよくなっていくという飲み方を目指しましょう。

スポンサーリンク

生のサプリメント

生のサプリメントを知っていますか。サプリメントの種類はかなりの多様化が進んでおり、配合成分もヒアルロン酸、コラーゲン、葉酸などバリエーション豊かです。既存のサプリメントとは違い、発注をもらってから作るという点で、生のサプリメントはこれまでのものと違います。生のサプリメントは最近は芸能人の間で話題になっているそうです。サプリメントには酸化しやすい成分や水分がどうしても含まれますので、製造後は時間の経過と共に品質が少しずつ変わっていきます。その点、生サプリメントは、できあがった瞬間の状態で口に入るようにと考えられています。根本的な部分で生のサプリメントは他のサプリメントと異なります。品質低下を徹底的に防ぐため、生きた栄養成分をサプリメントに直接閉じこめて、栄養保持をはかっているのです。通常のサプリメントは2年程度の保存がききますが、生サプリメントは長くて45日程度とされています。品質が変わらないうちに摂取することによって、生サプリメントはその効力を発揮します。生サプリメントは熱をかけず、添加物を使わずに製造しています。防腐剤のたぐいを使わずに作ることで、栄養成分を余さず体内に吸収できるという仕組みです。体の為にはいろんな栄養素をバランスよく毎日食べられれば一番いいのですが、時間も手間もかかりすぎます。健康やお肌の為に何かしたいと思っている方には、ぜひこの生サプリメントがお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました