顔のたるみの予防や二重あごの原因

生活

今回は顔のたるみや二重あごについて調べてみました。顔のたるみや二重あごが気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

顔のたるみを予防するには

顔の皮膚がたるみ始めて、困っているという人も多いですよね。

たるみの多い肌は、実際の年齢よりも年をとって見えがちなので、気にする人はたくさんいることでしょう。

どんなに綺麗におしゃれをしていたとしても、たるみで顔が老けて見えてしまっていてはとても勿体無いことですよね。

なぜ皮膚がたるむかは、肌質や、その人の食生活、生活環境などが影響しますが、大きな原因は年齢です。

年をとると、人間の皮膚はコラーゲンやヒアルロン酸を失いやすくなり、保湿能力が徐々に低下していきます。

加齢によって肌のハリが無くなると、顔のたるみに繋がります。

顔の皮膚の下には、皮膚を支えている表情筋がありますが、筋力が低下すると皮膚を支えきれなくなります。

顔の筋肉は、顔面に張り巡らされている皮膚で、顔をぴったりと覆えるように引き上げています。

表情筋や深層筋が衰えてしまうと、顔が重力とともに下へ下へと引き下がり、たるみとなっていってしまうのです。

毎日、鏡の前でフェイシャルトレーラニングをして、筋肉を強化することで、皮膚のたるみ対策になります。

日頃から、表情筋や、深層筋の筋トレをしておくことで、顔の筋肉を鍛えるようにしましょう。

マッサージで血行を良くする方法も効果的で、日々の努力の積み重ねで顔のたるみを予防し、解消することができます。

スポンサーリンク

二重あごの原因

二重あごがコンプレックスだという人もいます。

二重あごの原因は複合的なものがあり、筋肉が弱ってきたことや、むくみやたるみ、顔のゆがみなどが関係しているようです。

一体どんな理由で二重あごができてしまうのでしょう。

皮膚がたるむのは、皮膚を支える筋肉の減少もひとつの原因と考えられます。

顔にはたくさんの表情筋が張り巡らされていて、随意筋と不随意筋の2種類に分かれており、それぞれの機能を担っています。

不随意筋は意識して鍛えることは難しいのですが、随意筋は咀嚼によって鍛えることが可能です。

しっかりよく噛んでものを食べることで、随意筋が鍛えられ二重あごの解消に繋がります。

歯周組織や歯の健康状態が良くないと、しっかり食べ物を噛みしめることは困難なのだそうです。

歯が部分的に問題があったり噛むことが難しい部分があると、食べる時に使う歯が均等にできなくなって、顔がゆがみやすくなります。

顔のゆがみは、ひどくなると顔の筋肉の偏りを生み、リンパの流れを阻害してむくみの原因となることもあります。

健康な歯や歯茎は二重あごに少なからず影響を与えているということになります。

顔にゆがみがあるために、肥満ではないけれどあごが二重になっているという症状が出ている場合もあります。

二重あごが気になる方は、まずは歯の状態は良好は、顔の歪みはないかチェックし、問題があれば改善につとめましょう。

そして歯や顔の歪みに問題なければ、食事の時はよく噛んで食べるように心掛けてみましょう。

★ダイエットの方法の選択、りんご酢で食生活改善を!
★紫外線と肌への影響、脂性肌の人が間違いやすいスキンケア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました