学生でも利用できるクレジットカードや審査に受かるポイント

生活

学生でクレジットカードをつくりたいと考える人もいることでしょう。学生でもクレジットカードは作れるのでしょうか?そこで、学生でも利用できるクレジットカードや学生でも審査に受かる特徴など調べてみました。

スポンサーリンク

学生でも利用できるクレジットカード

決済などで便利はクレジットカードは学生でも作りたいと考えている人はいると思いますが、クレジットカードは作れるの?と疑問に思いますよね。

学生用のクレジットカードを作る際に覚えておきたい事を調べてみました。

入会の条件を満たしていれば、学生の方でも利用できるクレジットカードがあります。

18歳以上25歳未満の学生の方を対象としているカード会社が多いようですね。

ただし、18歳以上でも高校生は対象外とされているのが一般的です。

クレジットカードの申し込みをする時には、20歳未満の学生の場合は保護者の同意が必要です。

クレジットカード会社によっては、申し込み内容の正確性や保護者の同意が本当にあるかを確認するために、直接電話をしてくることがあります。

そしてキャンペーンや会社によって独自の特典などもがありますから、自分にとって一番メリットが大きいカードを選ぶとお得ですね。

また、カードをつくる前に何の支払いにクレジットカードを使うつもりなのか考えてからカードをつくった方がいいでしょう。

例えば海外旅行が好きなら、ショッピングなどの海外利用でキャッシュバックを受けられるカードがあります。

用途が色々な場合は、入会だけでも数千ポイントが付与されるキャンペーンが頻繁に実施されているカードもありますので入会キャンペーンでクレジットカードを選ぶ方法もあります。

カードの決済額に応じてポイントが入るクレジットカードや、年会費のかからないクレジットカードを好んで利用している方も多いようですね。

学生カードの場合は、利用限度額は一般のクレジットカードよりも低く設定されている場合が多く、5万円から20万円くらいが相場のようですので、用途により下調べして選びましょう。

スポンサーリンク

学生でクレジットカードの審査に受かる人に共通している特徴

アルバイトをしていない学生や、アルバイトをしていても給料が少ない場合には、クレジットカードの審査に受からないのではと心配になりませんか?

学生がクレジットカードの審査をクリアするためのポイントとは何でしょうか。

学生専用カードを設定しているカード会社もあるので、学生の方がクレジットカードを作る際には、そういったカードを選ぶと良いでしょう。

学生はいずれ社会人になります。そのため、早くからクレジットカードをつくってもらえば、社会人になってからも使い続ける見込みがあります。

自分名義でスマートフォンなどを購入していて、分割払いにしている学生の方は有利になります。

自分の名前でスマホを持っている人は、支払った履歴が、個人の信用情報として蓄積されている為です。

クレジットカードの審査をする際には、金融機関で個人信用情報機関を参照してローンや分割払いなどの利用状況をチェックされるのです。

つまり、自分名義のスマホなどの料金を毎月きちんと支払っていれば、遅延なく支払える能力があると見なされて、有利になるというわけです。

固定電話がある人は、借りたお金を返すような責任感があると判断されていたころもありました。

審査でクレジットカードを発行してもらう時には、契約や解約が簡単にできる携帯電話より、固定電話のほうが審査では有利と言われています。

固定電話があるということは実家暮らしの学生と考えられ、何かあった時に親が肩代わりしてもらえて、簡単には逃げないと思われることから有利になるようです。

クレジットカードを始めてつくるという学生の方は、自分の状況をふまえて考えるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました