挫折しない、リバウンドしないダイエット方法とは?

ダイエット

ダイエットをして痩せようと試みても挫折してしまったり、リバウンドしてしまう人も少なくないですよね。今回はリバウンドを防ぐ方法と、挫折しないダイエット方法について調べてみました。

スポンサーリンク

リバウンドの原因を取り除く方法

リバウンドの原因として挙げられるレプチン量と満腹感の関係について確認してみましょう。

レプチンとは脳に満腹感を伝えるための物質で、脂肪細胞に脂肪が供給されると分泌されるものです。

レプチンの分泌量は、摂取カロリー量を減らすと低下します。

ダイエットのために一時的に食事量を減らした場合、元通りの食事量にしてもレプチン量が元通りになるには3週間ほどかかるそうです。

そのため1ヶ月は食事の量を元に戻しても満腹感を得られにくい状態になり、リバウンドの原因となってしまいます。

何をすれば、リバウンドの原因への対策ができるものなのでしょう

減量効果が1カ月に5%をオーバーした時に、ホメオスタシオスの活動が強くなるとされています。

短期間で急激な減量をせず、1カ月に5%以内の体重減少を目安にすればリバウンドの原因をひとつ取り除くことができるといえます。

レプチンが足りずに満腹感がおきにくいという点についてはどうするべきでしょう。

実際の満腹渡と満腹感とのズレは、レプチン量が戻る1カ月間は起きます。

満腹感を感じずとも適切な食事量でやめるように、少なくとも1カ月は心がけましょう。

リバウンドの原因のひとつは、ダイエット後の食事内容ですから、ダイエットに挫折したり中止しても食事量をすぐには戻さないことが重要になります。

スポンサーリンク

挫折しないダイエット方法

ダイエットを頑張っても途中で挫折してしまい、いつも思うように痩せることができないという方は多いようです。

ダイエットは、継続的に行うことができれば失敗することはありませんので、中断しないことがまず第一です。

ですが、ダイエットを継続するモチベーションを維持することができなくなって、痩せる前に挫折して終わってしまうパターンは多いですよね。

痩せるためにはモチベーションの維持が必要ですが、なにかコツはあるのでしょうか?

ウォーキングはダイエットの定番メニューですが、自分1人で歩き続けるだけでは変化に乏しく、毎日続けていると新鮮みがなくなって、飽きてしまうことも多いでしょう。

しかし、誰かと一緒にウォーキングをすることで、飽きずに続けることができるようになります。

近所の方や友人に声をかけてみると、一緒に歩く仲間は意外と簡単に見つけることができるでしょう。

ジモティーなど仲間を募集できるサイトで仲間を探したり、自分で集める方法などもありますよね。

1人では続かないウォーキングでも、仲のいい人や仲間と一緒に行うことができれば、楽しく気持ちに張り合いもできます。

痩せるための最大のコツはダイエットの継続なので、仲間と一緒に目標に向かってダイエットを続けることで痩せられるようになります。

一緒にチャレンジできるダイエット仲間を集めることは、ダイエットを成功に導くためのコツといえるでしょう。

今は何もしていないけれど、きっかけがあればダイエットをしたいと考えている人は、意外といるものですよね。

ダイエットを楽しく続けられるようなコツを実践することで、モチベーションを維持していきましょう。

★手軽にできて続けやすいダイエット法とは?
★ダイエットに成功する方法はあるのか?ダイエットのあれこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました