メタバースとは?初心者向け解説メタバースでできること

エンタメ
スポンサーリンク

最近、ニュースやインターネット上の記事で「メタバース」という言葉を目にすることが多いのではないでしょうか。

しかし、「メタバース」という言葉だけでは、まだよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで、メタバースに入ることで何ができるのか、メタバースをどのように利用できるのかを知ることができます。

メタバースとは

まず、メタバースとは何でしょうか?実は、まだ明確な定義はありません。

メタバースという言葉が初めて登場したのは、アメリカのSF作家ニール・スティーブンソンのSF小説『スノウ・クラッシュ』です。

作中では、”インターネット上の仮想世界 “という意味で使われていましたが、その後、”アバターを通じて交流し、さまざまなサービスやエンターテインメントを体験できるオンライン空間 “という意味に修正されました。

しかし、多くのサービスは、VRメガネがなくても、PCやスマートフォンなどのモバイル端末から簡単にアクセスすることができます。そのため、デジタル技術に疎い方でも気軽に参加することができます。

近年では、こうした特徴がビジネス分野でも注目され、メタバースは徐々に様々な形で統合されつつあります。

メタバースでできること

メタバースという仮想空間で何をしたいかと聞かれたら、何を思い浮かべますか?多くの人がゲームを思い浮かべるのではないでしょうか。

実はメタバースでできることは多岐に渡るのですが、ここではその中からいくつかをご紹介したいと思います。

ゲーム

メタバースの楽しみ方と聞いてまず思い浮かぶのは、メタバースの中でゲームをすることです。日本では、メタバースといえば「どうぶつの森」や「モンスターハンター」などのゲームがイメージされます。

近年では、PSVRやMetaQuest2などのVR機器が発売され、VRメガネをかけながら臨場感のあるゲームを楽しむことができるようになりました。

最近注目されているメタバースのゲームを紹介したいと思います。

サンドボックス

イーサリアムブロックチェーン技術をベースとした「ユーザー主導型メタバースゲーム」です。

ユーザーは仮想空間内のLANDを購入したりレンタルしたりすることで、オリジナルのゲームやオブジェクト、キャラクターを作成することができます。

これは「マインクラフト」などのシミュレーションゲームによく似ています。

また、メタバースゲームでは、ユーザーが所有するキャラクターをNFTとして自由に売買することができます。

このように、現在のメタバースゲームでは、ゲームをプレイすることでお金を稼ぐことも可能なのです。

スポンサーリンク

他のユーザーとの交流

メタバースでは、テキストチャットやボイスチャットを通じて、他のユーザーとコミュニケーションをとることができます。

アバターを利用することで、他のユーザーと親密な会話をしているような、よりリアルなコミュニケーションを取ることができます。

メタバースの特徴は、FacebookやInstagram、twitterといった従来のSNSと比べ、テキストでのコミュニケーションではなく、アバター同士で会話をすることで、遠く離れた国の人と親密な関係を築いているような感覚を味わうことができる点です。

世界中の人々がVRメガネやPCを使って仮想空間にアクセスし、異なる世界観の中で交流を楽しんでいます。

イベントへの参加

近年、「メタバース」という言葉が流行語となり、仮想空間を利用したVRイベントの事例が増えてきています。

また、コロナの事故後のイベント業界の自粛により、当初は主にVtuberのイベントに利用されていた仮想空間が、Vtuber以外のイベントにも利用されるようになってきました。

これらのイベントには、VRメガネやPCを使って参加することができます。

仮想空間では毎日のようにイベントが開催されており、SNSで情報を検索すれば、様々なイベント情報を入手し、自由に参加することができる。

スポンサーリンク

お気に入りの部屋や世界を作る

メタバースでは、誰でも自分の好きなアバターを作成することができます。また、自分の好きな部屋や世界を作ることも可能です。

自分の理想の部屋や外観を作り出し、人を招き入れることができるのです。現実世界では、コストや家具のデザイン不足などで理想の世界を作るには障壁がありますが、メタバースではそのような制限はありません。

インテリアが好きな人、デザインに興味がある人は、ハマるかもしれませんね。

NFTの売買

メタバースでは、購入したNFTのアイテムを売買することができます。

NFTは「Non-Fungible Token」の略です。

NFT以前は、デジタルデータはコピーや複製によって大量生産が可能で、希少価値はありませんでした。しかし、NFTは、デジタルデータに独自の価値を付加します。

このNFTと呼ばれるデジタルアセットをメタバースに持ち込み、自分の作品に利用することができます。また、NFTを作成し、メタバース内で販売することも可能です。

このように、デジタルアセットでお金を稼ぎ、経済圏を作ることも可能です。

Eコマースサービス

メタバースでは、ユーザーが小売やマーケティングなど、新しく革新的な方法で製品を販売することを可能にします。例えば、世界最大級のVRイベントであるVirtual MarketにBEAMSが出店しました。

BEAMSのスタッフがアバターとして仮想店舗に参加し、ジェスチャーで接客を行いました。このような例だけでなく、今後はメタバースショッピングモールなど、アバターでネットショッピングを楽しむ人が増えていくことでしょう。

スポンサーリンク

メタバースのメリット

さて、ここまでネット上のメタバースで、実生活に近い形で様々なことを行う方法を解説してきました。では、これらのことをメタバースで行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

新しいプロジェクトの促進

メタバースに新しい空間を作ることで、様々なビジネスチャンスが生まれます。

例えば、前述したようにNFT技術の誕生により、メタバース内のデジタルデータを安心して売買できるようになりました。

また、メタバースでのアイテム販売も、仮想空間での販売が容易になったことで、新たな販売チャネルとして注目されています。

最近では、バーチャルで使用できるアイテムだけでなく、リアルな商品をメタバースで販売する新たな機会も生まれています。

現在、多くの企業がメタバースをビジネスチャンスとして捉えている。

メタバースのやり方の一例

openseaと呼ばれる、NFTアートのECサイトに登録すると簡単に体験できます。メタバースのメリットとしてまず挙げられるのは、新たなビジネスを生み出せることです。

NFT作品は通常OpenSeaなどのNFTプラットフォームで販売されますが、ユーザーが作成したメタバースも販売できるようになれば、顧客との会話の中で価格交渉ができるようになる。

つまり、ネット上の売り手と買い手候補が、リアルに近い形で交流できるのです。従来のECサイトではできないことが、メタバースではできるようになり、結果として新しいビジネスが生まれるのです。

また、仮想空間上でNFTの美術品や不動産を売買し、資産管理することも可能です。

まとめ

通常、現実世界で世界一周の旅をするには、旅に出る前に様々な準備が必要です。また、治安上の理由から簡単にアクセスできない国もあり、想像以上に自由に世界中を旅することは困難です。

しかし、メタバースでは、国や地域の境界がない仮想空間であるため、世界中のユーザーとつながることができます。

また、環境的、政治的、経済的な制約もないため、世界中の人と自由につながることができます。

メタバースには様々な楽しみ方があり、今挙げたもの以外にも、今後も様々な楽しみ方があるかもしれません。

しかし、楽しいことがたくさんある反面、欠点もたくさんあります。その欠点を意識して、トラブルに巻き込まれないように楽しむ必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました