小顔ダイエット!スッキリフェイスで美しくなろう

生活

小顔になりたいな~と思っている人は多いですよね。顔は大きいのが悪い訳ではありませんが、現代の日本では小顔に憧れる人はたくさんいるようです。顔が小さければいいってものでもないですが、スッキリとしたフェイスラインはやはり美しく見えますよね。そこで今回はダイエットと小顔について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットと小顔

ダイエットをすれば自然に小顔を手に入れることはできるのでしょうか。

ダイエットがうまくいっても、必ずしも小顔になるとは限らないようです。

体のダイエットと小顔になるダイエットの性質はそもそも違うものだからです。

体脂肪は減りやすい部分とそうでないところがあります。

顔の脂肪はなかなか燃焼しない部分なので、ダイエットで減らすことは困難なのです。

小顔になれない原因が脂肪以外の場合もありますので、小顔効果はあまり期待できません。

ダイエットで脂肪を燃やしても、筋肉にたるみがあるため小顔になれないなら、方向性が違うというものです。

小顔になりたいあまりに、やせる必要のない人がダイエットをすることは、あまりおすすめできません。

しなくていいダイエットで、病気になってしまうという場合もありますよね。

小顔になるにはダイエットで脂肪を落とすのではなく、フェイスラインを引き締めることがポイントになります。

むくみ解消や、表情筋を鍛えることによって、引き締まった小顔になれる事が多いようです。

表情筋を鍛えるマッサージやリンパマッサージ、つぼの刺激などをして、すっきりとしたフェイスラインを手に入れましょう。

小顔を目指したいからと、極端なダイエットをしすぎないように注意して美しさを手に入れましょう。

スポンサーリンク

小顔ダイエットでスッキリした印象になる方法

顔全体が大きく見えることが気になっていて、体のダイエットだけでなく、顔の輪郭線を引き締めたいという方もいます。

顔を引き締めて小顔になるためのダイエットは、顔を小さくしたい人におすすめです。

他者と接することが得意ではなく、表情が固まってしまいがちな人は、顔に皮下脂肪が蓄積しやすいと言われています。

他人とのやり取りをする機会が少ないと、表情筋を動かす機会が少なくなって、顔の筋肉が弱まるきっかけになります。

表情筋をよく使うためには、口角の動きに配慮しながら言葉を発することです。

そのためには日常的に表情筋を使う機会を増やすことが効果的です。

実際には、「イ」と「ウ」をしっかりと発声して、口のまわりの筋肉が動いていることをチェックします。

口を動かすための筋肉をめりはりよく使うためには、「イ」で表情筋を引っぱり、「ウで」表情筋を縮める動作がコツです。

容量オーバーの飲酒をした時や、水を大量に摂取した時は、顔がむくんでぱんぱんになってしまうことがあるので注意しましょう。

小顔になるためにも、健康な体を維持するためにも、体にいい適量の食事を摂ってる、暴飲暴食をしないことが大切になります。

血流や、リンパの流れがよくない場合は、マッサージを施すという方法もありますよね。

顔面に流れているリンパ腺が滞るようになると、代謝が停滞して脂肪が増えやすくなります。

小顔を手に入れるためのダイエットは毎日の生活の中に簡単に取り入れることのできる方法ばかりなので、すぐにでも実践してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました