齋藤飛鳥が卒業した後の乃木坂46

芸能

11月4日にアイドル界に衝撃のニュースが駆け巡りました。

それは、長らく乃木坂46のエースとして圧倒的な人気を牽引してきた齋藤飛鳥の卒業でした。

31枚目のシングル『ここにはないもの』の活動を最後に卒業することが決まっていて、2023年は大エースを欠いた状態となります。

果たしてこのまま乃木坂46の人気は落ちていってしまうのでしょうか?

それとも現在のメンバーの誰かが代わりにエースとしてグループを引っ張り、人気を維持していけるのでしょうか?

この記事では、そんな「齋藤飛鳥が卒業した後の乃木坂46」について解説していきたいと思います。

圧倒的な大エースの卒業でピンチを迎える乃木坂46

AKB48の公式ライバルとしてデビューした乃木坂46ですが、白石麻衣や西野七瀬、橋本奈々未、生駒里奈といったメンバーを中心として圧倒的な人気を獲得し、数年でAKBからアイドル界の主役を奪い取りました。

主要メンバーはすでに卒業しましたが、その後加入した3期生や4期生にも人気メンバーが何人も誕生し、世代交代も成功させました。

グループとしての新陳代謝が成功したことによって、アイドル界のトップを長年守り続けることができたのです。

なんと言っても1期生で大人気の齋藤飛鳥がグループに残ってくれたことで、アイコンとしての役割を担ってきました。

しかし、そんな齋藤飛鳥の卒業によって、グループのアイコンを失うことになるのです。

さらに、グループ生みの親である秋元康が、2023年に新規のアイドルグループを立ち上げることが発表されていて、流れ的には乃木坂46の時代が終わろうとしている雰囲気となっているのです。

まだまだ乃木坂時代は終わらない!新時代はWエースで勝負

齋藤飛鳥の卒業後は、衰退していくことが予想されている乃木坂46ですが、実際にはまだまだ人気が続いていく可能性もあります。

なぜならば、まだまだ大勢の人気メンバーが在籍しているからです。

1期生の最後の1人である秋元真夏がキャプテンとしてチームをまとめていますし、時期キャプテン候補となる梅澤美波も控えています。

さらに、歌も上手く3期生と4期生を繋ぐ役割も担っている久保史織里、4期生の田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、金川紗耶など、エースにはなれないまでも高い人気を誇るメンバーも多くいます。

そして、今後の柱となるメンバー、エースとなるメンバーも複数人います。

エースは遠藤さくらと賀喜遥香のWエース

齋藤飛鳥が卒業した後の乃木坂のエースは、遠藤さくらと賀喜遥香が務めることとなるでしょう。

2人とも圧倒的なビジュアルとスタイルの持ち主で、ヒロイン感が非常に高いという特徴があります。

性格的に双方とも大人しいですが、その他のメンバーが足りない部分は補ってくれることでしょう。

遠藤さくらはすでに24枚目のシングル『夜明けまで強がらなくていい』と、27枚目のシングル『ごめんねFingers crossed』でセンターを務めています。

賀喜遥香も28枚目のシングル『君に叱られた』と30枚目のシングル『好きというのはロックだぜ!』でセンターを務めています。

こう考えてみると、齋藤飛鳥の存在が非常に大きく、目立ちませんでしたが、すでに2人はグループのエース的な役割を担っていたとも言えます。

両エースを支える山下美月と与田祐希

乃木坂46が今後数年間、アイドル界のトップを守っていくためには、山下美月と与田祐希の存在が非常に重要となるでしょう。

4期生のWエースである遠藤さくらと賀喜遥香は、前述した通り大人しい性格であり、良い意味で癖がないメンバーです。

その他のメンバーも人気はありますが、圧倒的な個性という面ではまだまだ物足りません。

しかし、Wエースの脇に山下美月と与田祐希が並べば、個性が強いため、グループとしての華が強まります。

圧倒的な美しさを持ちながらもあざといキャラを押し出せる山下美月と、田舎育ちゆえの大胆さがあり小さくて胸が大きいというギャップが魅力の与田祐希は、グループにとって貴重な存在なのです。

2人とも、女優業出も活躍しており、乃木坂の知名度UPにも大きく貢献しています。

山下美月と与田祐希が卒業するとなると乃木坂は厳しくなる

すでに齋藤飛鳥卒業後のエースは遠藤さくらと賀喜遥香の2人で決まりですが、グループとしての人気を維持するためには、やはりわきを固める人気メンバーもかなり重要です。

現段階では、山下美月と与田祐希という圧倒的な個性を持つ2人がいることでグループとしての厚みが出ていますが、この2人には少し前から卒業説もささやかれているため、油断はできません。

もしもどちらか、もしくは両方が2023年の上半期に卒業するようなことになれば、一気に乃木坂46の人気が急落することもあり得るでしょう。

まとめ

今回は、「齋藤飛鳥が卒業した後の乃木坂46」について解説してきました。

大エースである齋藤飛鳥が2022年で卒業しますが、次のエースは遠藤さくらと賀喜遥香が引き継ぐことになるでしょう。

ただし、グループとしての人気を維持するためには、それ以外のメンバーの活躍も必要不可欠です。

現時点ではその他にも人気メンバーが数多く存在するので、人気が急落することはなさそうです。

ただし、今後早い段階で人気メンバーが1人、2人と抜けるようなことがあれば、人気急落もあり得るかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
Hiyorinをフォローする
猫のキニナルゆるっとサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました